教育・キャリアアップ

新人看護師1年のスケジュール

病院行事

スキルアップ・研修

渡辺病院の渡辺病院の各種教育

クリニカルラダーシステムの導入により、
専門職としての能力開発自己研鑽を段階的にサポート

渡辺病院看護師教育 
クリニカルラダーについて

教育目的

看護部理念に基づき、
専門職人として信頼される看護師を育成する。

教育目標

1. 患者様・ご家族様の心に寄り添うことができる看護師を育てる。
2. 自ら考え、実践できる看護師を育てる。
3. 個別性を考えた看護が実践できる看護師を育てる。

クリニカルラダーシステムのねらい

クリニカルラダーシステムにより、個々の臨床実践能力を評価し、
キャリア開発ができるよう、成長・達成を支援します。

1. 専門知識や技術を段階的に身につけられるよう支援する。
2. 専門職として自己研鑽できるよう支援する。
3. 仕事にやりがいを感じられるよう支援する。
4. 社会人としての心構えを育成する。

  • Education.1

    プリセプター制度で
    一人ひとりをサポート

    入職後の1年間は指導担当の先輩がマンツーマンでサポートしてくれるので、右も左もわからないままポツンとひとり…ということにはなりません。わからないことも、不安に思うことも、なんでも気軽に相談してください!

  • Education.2

    まずはローテーション研修で
    病院全体を学ぶ

    新人は、配属前に各部門(外来、手術室、病棟/各2週間)をローテーションで経験します。まずは病院全体の機能と仕事の流れを理解しましょう。各部門に人脈を築くことも大切。職員全員があなたを大事な後輩として迎えます!

  • Education.3

    全職員体制で「命」を守る
    コードブルー委員会

    全職員体制で活動する「コードブルー委員会」では、AEDの操作方法や心肺蘇生技術を学ぶ講習会を年2回実施。医師や看護師だけでなく、病院全体として一次救命に対応できるよう体制を整えています。

スキルアップ・支援制

院内外
研修費用補助

専門的な知識・技術を身につけてもっと医療に貢献したい、先端ケアを学んで看護の質を高めたい、チーム医療を成功させるノウハウを身につけたい…等々、医療現場に対する一人ひとりの想いは、学ぶ意欲となって現れます。そこで当院では、院外研修の費用を全額支給(交通費含む)し、さらにこれを日勤扱いとして学ぶ意欲をサポート。多くの看護師がこの制度を利用しています。

受講例…
「新人のためのフィジカルアセスメント」「新人のためのメンタルヘルス」「心電図をみるための4つのポイント」「救急看護とは」「生活をつなぐ退院支援」「褥瘡予防と管理」「看護倫理について」「高齢がん患者の看護のポイント」ほか。

個人技を磨けば、病院全体の安心度が上がる

先輩の声/早川尚美さん
日本救急医学会が実施する「ICLS/医療従事者のための蘇生トレーニング」を受講しました。これは、突然の心停止に対する適切なチーム蘇生を習得するもので、私は基礎コースと指導者養成ワークショップを経て「認定インストラクター」資格を取得しました。現在は、あらゆる医療職が身につけておくべき蘇生術をレクチャーする立場にあります。指導できる人が多いほど病院全体の安心度が高まるので、同僚が受講する際にはトレーナーとして同行し、一緒にトレーニングを重ねています。1日掛かりの講習で受講料も高額なので、出勤扱い&費用全額支給は本当にありがたいですね。

奨学金制度

対  象 看護師養成施設等に在学中(入学決定者)で卒業後に当渡辺病院へ入職希望の方
貸 付 額 月額5万円〜(要相談)
対象費用 入学金・授業料・実習費・その他必要と認められるもの
利  息 無利子
貸与期間 貸与する事になった月から卒業する月まで(最大で4年間/毎月25日に指定口座へ入金)
返  済 本件貸付金は免許取得後すみやかに渡辺病院に勤務する事で免除されます。
返済に要する勤務期間は貸付期間の1.5倍となります。(以下満了期間という)
但し、満了期間内に退職する場合、貸付残金を算出し現金にて一括支払いして頂く事となります。
応募期間 随時受け付けています。
応募書類 履歴書(写真貼付)、合格証明書(看護学校在学中の方は在学証明書)
応募手続 電話にて日時指定の後、面接による審査
選考結果 後日お電話にて結果をお伝えします。案内等、書類は郵送にてお届けします。

職員も利用可…入職後のキャリアアップに!

日勤扱い
学費全額支給

先輩の声/志賀真規さん
准看護師から正看護師になるために、当院で働きながら仙台の学校に2年間通いました。同じように他院から通う生徒さんは、自費で有給を使い、なかには夜勤明けの状態で授業を受ける方も少なくなかったのですが、私たち(当時6名/H21)は、奨学金を受けながら全課程(実習期間含む)が日勤扱いだったので、本当に貴重な制度だと感じました。現在、アシスタントマネージャーとして活躍できるのも、当時の周囲の理解と協力のおかげだと深く感謝しています。

ページトップへ